大豆イソフラボンって何にいいの?

日々の健康を促進するヘルスサポートサイト

大豆イソフラボンを摂取するメリット・デメリット

本項は、大豆イソフラボンの持つ補修効果・抑制効果・予防効果といった健康や美容に対する効果の中でも知名度の高いものを中心に提示すると共に、体内で生成されるホルモンの一種である女性ホルモンとの間にある効能面での類似性について言及したページです。

女性ホルモンの過不足と大豆イソフラボン

女性ホルモンの人体におけるはたらきと性差によるはたらきの違いと併せ、女性ホルモンの不足で生じる可能性がある病疾患や健康問題に対する、疑似的に女性ホルモンとしての効能を発揮する大豆イソフラボンの有効性と性差で生じる有効性の差に触れることを試みました。

なぜ大豆イソフラボンの効果に個人差が生じるのか

大豆イソフラボン研究では比較的メジャーな命題の一つである、大豆イソフラボンの効果の個人差が生じる原因として、性差と腸内環境(腸内細菌の分布)をピックアップしつつ、大豆イソフラボンの吸収変換効率が良いことが想定される条件に対する私的な見解を述べています。

おすすめリンク

デパス通販は要注意!

デパス通販!薬事法で輸入禁止になっています。処方薬を通販サイトで購入するのは要注意!

大豆イソフラボンの疑似女性ホルモン的はたらき

健康や美容への好影響から、度々健康に寄与することが訴えられてきた大豆イソフラボンは、化学的な研究も盛んに行われたこともあってか、摂取によるメリット・デメリットもほぼ明確化しているため、大豆イソフラボンの摂取に当たって事前に理解しておきましょう。

まず、大豆イソフラボン摂取によるメリットは、ホルモンバランスの是正による痛んだ肌や髪に対する補修効果や蓄積脂肪分解作用による肥満予防に加え、女性ホルモンの減少に起因する悪玉コレステロールの増加の抑制、骨からのカルシウムの流出を防止し骨粗鬆症を防ぐといった効果が挙げられ、いずれも更年期の女性がホルモンバランスを崩すことで生活習慣病を患うのを防止する意味合いが強いのですが、肥満予防や悪玉コレステロールの増加抑制は男性にとってもプラスにはたらきますし、男性ホルモンが大きく増加したり女性ホルモンが減少したりすることによる、男性のホルモンバランスが崩れることが発症の一因となる前立腺癌の予防にも効果を発揮するため、性別に関係なく摂取して損はないはずです。

度重なる実験で、現在までに過剰摂取を行ってさえほとんどデメリットがないことが確認されている大豆イソフラボンの数少ないデメリットとして、大豆アレルギーの場合に摂取ができない点、一部医薬品との相性が悪い点が挙げられる他、女性に特有の癌を発症している際は、ホルモンが疾患と関わり合っている側面を持つことから、疑似的に女性ホルモンとしてのはたらきを果たす大豆イソフラボンの摂取は推奨されません。