日々の健康を促進するヘルスサポートサイト

>

大豆イソフラボンを摂取するメリット・デメリット

大豆イソフラボンの基本的な効能

健康や美容に効果的な成分として広く知られる大豆イソフラボンの効能は、その知名度の高さと反証の少なさからも類推可能なように、成分としての化学的な研究進んでいることから研究成果に基づいた効能の裏付けがある程度保証されていることもあり、健康に対しての効能があるとされる有名な成分の中でも、実質的な効能が望める成分です。

大豆イソフラボンの効能は有名なものに限っても複数あり、肌や髪の補修効果、コレステロールの抑制効果、骨粗鬆症の予防効果など、幅広く健康に効果を発揮するだけでなく、美容や病疾患の予防にも効果を発揮する、非常に有益な成分であることは明らかである上に、加工食品や調味料として市場に様々な形で流通しているため、意識すれば比較的容易に一日の必要摂取量を摂取できる点も魅力となります。

疑似女性ホルモン的なはたらき

大豆イソフラボンの効能の代表格である、肌や髪の補修効果、コレステロールの抑制効果、骨粗鬆症の予防効果といった各種効果は、研究の結果、体内で合成されるホルモンとの類似性が明らかとなっており、大豆イソフラボンの摂取は女性ホルモンを疑似的に補う効果を発揮しているのではないかというのが、現在までの研究に基づく学術的な認識の一つとなります。

実際、肌や髪の補修、コレステロールの抑制、骨粗鬆症の予防において、女性ホルモンの不足が大きな要因となっていることや、大豆イソフラボンの持つ女性特有の体内機能の維持促進効果が女性ホルモンのはたらきに近しい効果を発揮することも、大豆イソフラボンが疑似女性ホルモン的なはたらきをしているとされる理由でしょう。


この記事をシェアする